シフクノート

2006年のクリスマスイブにやってきた、 ネザーランドドワーフのビビ(♀)との暮らし…。 気軽に覗いていって下さい。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

年末の危機一髪・前 

 

それは、ついひと月ほど前の危機一髪でした。
引っ越してから半月ほどたち、大分我が家にも馴染んできた頃です。
今のおうちは駅から近いので、わたしの活動量もグッと増え、電車に乗ってちょこちょこ出かけることも多くなりました。
その日もいつもの通り、コンタクトをつけて出かけました。
違和感に気づいたのは、電車に乗ってから。右目(手術していない方の目)に黒っぽい影のようなものが、ときどき映るのです。マスカラがだまになって、まつ毛にくっついてしまったときのような感じかな。
鬱陶しいけど、気にしないでいれば別にどうってことはない。コンタクトに汚れでもついてるんだろうと思って、そのまま出かけました。
一日、影がちらついたり、ぼんやり黒っぽい雲のようなものが見えていましたが、家に帰ってコンタクト外せば治るだろうと思っていたのです。
が、コンタクトを外しても治らない…。マスカラは付けてなかったんですけど、一応メイク落としでしっかり洗顔。でも、治らない。
洗面所やお風呂場をバタバタと動き回っている内に、もう一つの異変を確認。
電気のついていない部屋に入って気づいたのですが、右目の視界、右斜め方向に、細ーい光の筋がちらつくのです。さあっと、光が走る。
瞬きをしても消えない。消えたと思ったら、また突如として現れ、ほんの1秒くらいで消える。
でも、もう夜だったし、これから眼科に行ってもやっていないので、その日は寝ました。

寝たら良くなるかも、というわたしの予想はあっさり裏切られ、翌朝になっても、光は相変わらずちらつきます。右目も少しかすむというか、ぼやける。
右目にも網膜剥離の病巣があると言われていたので、これは網膜剥離か!?とおびえるわたし。
ネットで情報収集した結果、「眼底検査をすればはっきりする」と書いてあったし、一人で悩んでいるより検査してしまおう!と思い立ち、K眼科に電話で相談。その日の予約を取ってもらいました。

K眼科は相変わらずの混雑。
一刻を争う事態なのではないか?とわたしはすっかりビビっているわけですが、延々待ちます。そりゃそうだ。予約外の飛び込みだもの。
呼ばれたと思ったら、視力の検査とかされちゃて、こんなのんびりでいいのか??とさらに不安になる。
院長先生もおっとりと、
「じゃ、網膜の先生に診てもらいましょう」
と網膜の先生に回される。
あー、この網膜の先生、以前、わたしに「手術しなかったの。何で」と詰め寄ってきた先生だわー。
なんてことは、もちろんこの先生が覚えているはずもない。淡々と検査、診察が進められます。

で、結論。
「網膜は見える限りでは、穴が開いてないですよ。良かったですね」
だそうです!!
はあ~~っっっ、よかった!!!!
いやもう、12月はうしさんの仕事が鬼のように忙しく、家だってまだ引っ越したばかりだから、親だって遊びに来るだろうし、そうなると手術のことなんて隠しておけない。何より、もう一回あの手術を受けるための準備や体力や気力が…!
自信ないよ~~~っっっっ。と、途方に暮れてました。ええ、軽く絶望してましたとも。

一週間後に、通常の定期検査の予約を入れてあったので、来週いつものTE先生に診てもらいましょう、ということで、この日は薬も処方されずに帰りました。
いいのか…?とわたしはまだ少し疑ってましたが、K眼科の院長先生の言うことはたいてい正しいのだからだいじょうぶだ!と思って、帰宅しました。

検査の時に散瞳薬をさしたのだけど、それから見え方がだいぶはっきりしてきたのは良い兆候でした。
先生が、いつもは光が入ってこない水晶体のところが開いて見えやすくなるとか何とか説明してくれたんだけど、詳しい話は忘れてしまった…。
わたしの訴えている症状は、どうやら光視症という病名らしく、網膜の弱い人は、飛蚊症とか光視症になりやすいみたい。
飛蚊症は前からあったけど、気にしなくていいと言われたので、ずっと気にしてません。
スポンサーサイト

category: 網膜剥離体験記

thread: 医療・病気・治療 - janre: 心と身体

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://shifukunooto.blog89.fc2.com/tb.php/1130-9e6784c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。