シフクノート

2006年のクリスマスイブにやってきた、 ネザーランドドワーフのビビ(♀)との暮らし…。 気軽に覗いていって下さい。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

 

 

三日前の土曜日、ビビビの具合が悪そうで、大変心配しました。
朝起きてケージを覗きに行ったら、「ごはん~!」アピールがない。
まだ眠いのかなと思って、ごはん箱にペレットを投入するためにケージの扉を開けても、出てこない。
いつもは、「わーいわーい、ごはんだ早くー」という具合にケージの外に出て、ぐるぐる回って催促するのですよ。
それが、ハウスから出てこないし、大好きな乳酸菌に何の興味を示さないとは、明らかにおかしい。口元にもっていっても、匂いをちょっと嗅いだだけで、顔を背けてしまう。
トイレを交換したら、のそのそ起きて来てトイレの上に移動しましたが、動くのがかったるそう。呼吸が荒い。ちょっと震えているみたい。
ケージの前面まで移動してきたので、声をかけながら撫でてみる。ビビビはされるがまま。
そのうちごろんと腹這いになって、おさまりが悪いのか、何度も姿勢を変えている。

うしさんが起きて来たので、ビビビの異変を報告。
左前脚を庇っているっぽいので、もしかしたらロフト部分から落ちたかな?というのがうしさんの見たて。
わたしは卵巣とか、婦人科系かなと思いました。うさぎさんは多いって聞くから。
ちなみに前夜にあげたごはんは完食していて、フンやおしっこにも異常は見られませんでした。

わたしは出かけなきゃならなかったので、うしさんに後を任せて家を出ました。
うしさんには、「何もしてあげられないし、付きっきりで見てなくていいからね。出かけてね」と言っておきました。
ビビビはわたしが出かけてから、少しずつ元気になっていったみたいで、わたしが夜に帰宅したときはふつうでした。
ごはんも食べていたし、部屋でも遊んだ。
今日も変わりなく元気ですが、一時はマジで覚悟をしました。
うしさんから、ビビビが死んだって連絡が入るんじゃないかと、びくびくしながら携帯チェックしてましたよ。

結局、原因が何なのか分からないままなのですが、少しずつこういうことって増えるのかもしれないなあと思った土曜日でした。


004_201509291215094d7.jpg
スポンサーサイト

category: 病気

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://shifukunooto.blog89.fc2.com/tb.php/1181-0a330685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。